タグ:葛布 ( 39 ) タグの人気記事
屋号でもなく作家名でもなく
ホームページ や Facebookページ で「北の葛布/札幌手稲」という文字を タイトルのように入れています
屋号のようですが 屋号ではありません
ただ、北海道で織られた葛布であるということ 手稲に工房があること その事実を表記しているだけ のつもりです
葛布の産地は静岡/遠州地方であり、札幌には元々はなかった布だけれども、札幌に自生する葛から布が織られているということを 文字に表し分かりやすくしたいと思っているのが その理由
屋号はありません
葛布の存在そのものが 屋号みたいなものかもしれません

「自然布に作家名なし」とは、私の葛布の師匠である大井川葛布の村井さんの言葉、私もとても共感します。織り手は最終段階の作業を以って物を完成させますが、そこに至るまで、今昔に関わらず、そして人と人でないとに関わらず、様々な力が働いている訳なので、織り手だけのものではない
ただ北海道の土地柄、便宜上、きっと多くの方にとって分かりやすいのと、「最終的には誰がどこでどのように作っているものなのか?」が分かるということが、ものを選ぶときの判断材料になると考えているのと、品物に関するご感想やご意見ご相談など お寄せ頂けるようにと 名前は明らかにしています
そのようなことから、織ったものを「作品」ということや、自分のことを「作家」と名乗るのはためらいがあり  でも、その方が分かりやすい場合はそう言うこともありますし、受け取る側の方がそう感じるのであれば 必要に応じて そう表記してくださることは全く構いません
また、屋号のようなものが必要な時には「北の葛布」と表記してくださることも、全く構いません

言葉や名前は とても大事と思いますので 私は大事に考えていて 自分の織る葛の布を「葛布」と呼ぶことも、自分なりに納得するまで 長い年月 かかりました
なんといいますか、草木の布は その土地あってのものだからです
でも、全国各地どこででも例えば葛布を織る人がうんと増えれば、そんな事を考えずとも何のためらいもなく「陶芸家」「木工家」のように「葛布作家」と言えるのかもしれませんし、そうなる事が、葛布の存続発展には必要な事なのかもしれません

今後考えが変わることもあるかもしれませんが、今は このように考えています



[PR]
by watanabeshino | 2018-01-15 16:25 | 制作に関して/雑感 | Comments(2)
ご挨拶2017
今年も残すところあと僅か
2017年、沢山の新しい出来事があり、旧知の方々、新しく出会った方々、本当に沢山の方々に支えて頂きました
ありがとうございました
心より、感謝申し上げます

今年は、葛布の帯を知り、お問い合わせくださる方、お求めくださる方が増え、とても嬉しく、有り難く思っています。葛の帯が、みなさまの、着物を着る楽しみの一助となっているならば、作る者として、この上ない幸せです

せっかくご縁があってお手元に届いた葛布ですから、末永く使って頂けるように、万が一の破損の際の修復の技術も磨きたいと、それは来年の課題の一つ
何かお気付きの点などありましたら、気兼ねなくご連絡ください


写真は玄関の注連飾り
夏に葛の繊維を取った時に取っておいた、葛の蔓の芯で作りました
垂れ下がっているのは葛の繊維

今年一年どうもありがとうございました
来年もどうぞよろしくお願いいたします

d0342152_14520583.jpg


[PR]
by watanabeshino | 2017-12-31 14:41 | お知らせ | Comments(0)
葛布っぽくないね
こちらのブログでは一言もお知らせしておりませんでした
今年の10月に3年越しの念願叶って長野へ行ってきました

目的の一つは公募展入選できての表彰式参加
 第46回特別展「第10回現代手織物クラフト公募展」


展示していただいていたのはこちらの帯
d0342152_10254437.jpg

目的のもう一つは木曽駒ケ岳に登る
写真は千畳敷カール中腹よりロープウェイ山頂駅とホテル方面
あいにくの天気でしたが道外の3000メートル級の山に登ったのは初めてでしたので満足
景色は想像力で見てきました
d0342152_10202999.jpg

織物と山のために、着物と山道具を持って行く
私の全てを持ち歩いたような旅でした
空港で「貴重品は入っていませんか」と聞かれたときに、入っているのは私にとっては全部貴重品だったので、「貴重品って何ですか」と聞いてしまったくらいです


さてここからが本題なのですが
その展示会の講評で、審査員の方に「葛布っぽくないね」というような言葉をいただき、それがとても印象的だったのでここに残しておこうと思います
もっと違う言い方だったかもしれません。でも恐らくは、「これまで見たことのあるどの葛布とも違う」という意味なのだと私は受け止めています

葛布の産地静岡の葛と北海道の葛はその性質が違います
気候も土地も違うのですから当たり前です
静岡の葛は雪に埋もれることはありませんが北海道の葛は一年のうち約半分は雪の下、物理的に雪に閉ざされるので太陽に当たる率もうんと低い上に、緯度も高いので真夏の日光の強さも気温も違います。また、芽吹いてから花を咲かせるまでの期間は1〜2ヶ月違い、土の成分も微生物も多分違う。そこで生き抜くための何かしらを備えた蔓の中の繊維の様子が、そうでない地域と違うのは当然のこと。さらに言えば、発酵させるときの微生物も違うでしょうし、繊維を洗い流す川の水の性質も違う。繊維となってから、保管されているときの温度や湿度も違います。
加えて、織り機などの道具の違う中で、「この葛を、その美しさをなるべく損なわずに、着物の帯として用に耐えうるものにするにはどうしたら良いか」またはそれ以前に「札幌の気候の中でより良い繊維を取るにはどうしたら良いか」を考えながら、経糸の太さや風合い、形状、材質、経糸緯糸の密度、葛の糸の太さ、などを思考錯誤した結果、
「葛布っぽくない」ものが出来上がった

本来の、と言っていいかどうかわかりませんが、葛布の「葛布らしさ」を無視しているわけではもちろんありません。むしろ私なりに知りうる限り大いに参考にし、大いに真似をしてきました。しかし、葛の糸の良さが生き美しく永く残っている、古い時代の葛布の持つ、その迫力や美しさには、到底敵うわけもなく、また、現在静岡で織られている葛布のしなやかさや光沢と、土地と歴史に根ざしたような、それらに裏打ちされたような、気迫気概のようなもの、それらにも全く及びません。だからといって、それに対抗しようとして独自のものを作ろうと思って作ったわけでもありません。北海道の葛で北海道の気候で、着物の帯として、より良いものにしようと右往左往した結果、「そうなってしまった」と言うのが適当です

少し話が逸れますが、「服地として使いたい」というお問い合わせを有難くもいただくことがたまにあるのですが、しかし、そうなると、上記一連の試行錯誤を一からやり直すことになってしまうので、私はとても躊躇します。希望される方が結構多いようなので、やってみようと思っていたこともあったのですが、諦めることにしました。帯の試行錯誤で精一杯。多分できない。
私一人ではできないのですが、けれども、例えば同じように、北海道の葛で「服地としての葛布」を思考錯誤していく方が、もしかしたら現れるかもしれないな、なんてことを夢見ながら、そんな風に、これから、長い年月かかってでも、北海道の葛布が育っていきながら残っていったら良いな、その足がかりになれるように、と思いつつ


今年一番の言葉は「葛布っぽくないね」

ということで、年末のご挨拶に代えたいと思います
今年一年、本当にたくさんの方の応援支援を頂きました
ありがとうございました
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします


(おまけ)
木曽駒ケ岳の山頂神社
d0342152_08591814.jpg

天気のせいで荒涼としています。この日(2017.10.19)、初雪だったようです
d0342152_08592305.jpg

駒ヶ根や伊那の街中を、何とは無しに流れている側溝のような川の水の綺麗なこと
d0342152_08590768.jpg

発つ前、天気を調べると、札幌と気温があまり変わらなかったので不思議だったのですが、この街自体が日本アルプスに囲まれていて標高がすでに1000メートルあると知って納得
札幌で言えば、手稲山の山頂くらいの高さです
冬はもちろん寒く、積雪量も多いのだそうです


登山の後、伊那紬の工房を訪ねることもできました
素晴らしい旅でした
d0342152_10194687.jpg











[PR]
by watanabeshino | 2017-12-24 09:51 | 制作に関して/雑感 | Comments(0)
八寸帯地 カルシ
カルシ(karus/きのこ)
経絣葛布八寸帯地

幅  8寸4分(約31.8cm)
長さ 1丈4尺2寸(約538cm)
重さ 199g

緯糸 葛(札幌・手績み糸)
経糸 絹(群馬・座繰り玉糸)

染め 蕗の薹、団栗、赤麻
   生成り

d0342152_10254288.jpg
経糸の玉糸の不均一さと 緯糸の葛の不均一さが ほどよく馴染み 見るほどに見飽きない布になっています
d0342152_10254307.jpg

経の絣は、前帯柄とお太鼓で切り替わります


d0342152_10254437.jpg


d0342152_10254561.jpg
お太鼓の引き返し部分は
表側は生成り、裏側は団栗で染めた葛の糸を使い
見えそうで見えない お太鼓の裏側の色が表側と違う
手先も左右で違う色になるようにしています

光あれば影あり 明暗 寒暖 温冷 喜悲 生死 全てのものは表裏一体
だからなのか、どうしてもそうしたくなるので そうしています
八寸帯地だけでなく、半幅帯地、角帯地、全て、特別な事情のない限り同様
最初と最後、右端と左端 で 色が違います

ですので、八寸帯地のお太鼓部分は、着物や気分に合わせてリバーシブルで ご使用いただけるように、長めに織っています



いつものうずまき
d0342152_10254641.jpg

この帯に関するお問い合わせはこちらからどうぞ
http://kuzunonuno.com/kuzunonuno/contact.html


*使用している素材についての詳細はこちらから
北の葛布 
    http://kuzunonuno.com
蚕絲館さん(座繰り 玉糸) 
 https://www.sanshikan.jp










[PR]
by watanabeshino | 2017-12-04 10:24 | 葛の帯 | Comments(0)
講座についてお知らせ
当工房にてこれまで行っておりました『木枠と葛の手織り布講座』
今年12月をもちまして、終了いたします

代わりまして、同様の内容で出張講座を検討しております
料金などは追ってこちらのブログにて お知らせいたします

なお、北の葛布のサイト内「講座」のページはすでに撤去しております
ご面倒おかけいたしますが どうぞよろしくお願いいたします

[PR]
by watanabeshino | 2017-11-29 13:43 | 講座についてのお知らせ | Comments(0)
d0342152_14481637.jpg
栞 小   1800

織り部分  3.5cm ×  7cm
緯糸  葛
経糸  絹
染め  藍 玉葱  茜

工房は 毎週土曜日 営業
詳細、お問い合わせはこちらからhttp://kuzunonuno.com/kuzunonuno/contact.html






[PR]
by watanabeshino | 2017-11-25 14:48 | 小さな葛布 | Comments(0)
営業時間についてお知らせ

営業時間を設定しました

営業 毎週土曜日 12:00〜16:00(冬時間 8月中旬〜2月)
  13:00〜17:00(夏時間3月〜6月中旬) 
      
※6月中旬〜8月中旬は葛取りのため営業はしません



葛布の帯のご相談

小さな葛布シリーズ・葛のクズ・吉野本葛粉 のご購入

などに ご利用ください

アポありなし どちらでも可


特に商品を陳列するなどはせず、私も通常通りの装いでおります
ご希望のものを必要な時に出して、ご覧いただけるようにします
お気軽にいらしてください


ただし、
上記以外の時間帯は制作中のため、恐れ入りますが、訪問はご遠慮ください


クレジットカードもご利用いただけます

お問い合わせはこちらから
http://kuzunonuno.com/kuzunonuno/contact.html


[PR]
by watanabeshino | 2017-11-18 14:11 | 営業時間についてのお知らせ | Comments(0)

d0342152_12521021.jpg
栞 (スクエア) =sold=
座繰り糸 使用
織り部分 3.5cm × 3.5cm

d0342152_12521115.jpg
栞 (スクエア) 1700
織り部分 3.5cm × 3.5cm
d0342152_12521287.jpg
栞 (大) 1600
織り部分 2.5cm×10cm

d0342152_12521349.jpg
栞 スクエア =sold=
織り部分 3.5cm × 3.5cm

(2017.11.18現在)



葛クズの小さな葛布シリーズ
工房にて 直接お買い求めいただけます
葛布の帯のご相談等も 承っております

営業 毎週土曜日 12:00〜16:00(冬時間 8月中旬〜2月)
13:00〜17:00(夏時間3月〜6月中旬) 
      
※上記以外の時間帯は制作中につき 恐れ入りますが訪問はご遠慮ください
 また、6月中旬〜8月中旬は葛取りのため営業はしません


お問い合わせはこちらから



[PR]
by watanabeshino | 2017-11-18 12:50 | 小さな葛布 | Comments(0)
木枠の機の 小さな葛の布展/じょじょ お知らせ

『木枠の小さな葛の布 展』/じょじょ

2017.10.31(火)〜11.12(日)


葛のクズを使って 木枠の織り機で織った

小さな葛布を

今年は 小さな木枠の中に 入れてみました 

3.5cm×3.5cm


d0342152_12505715.jpg

木枠は 札幌で木の家具などを制作している清水宏晃さんに 作って頂きました

木の色は 樹種の違いによる


栞も合わせて 20点ほど 

じょじょさんの壁面をお借りして 展示します

じょじょさんの 美味しいごはんのお供に ご覧いただけると幸いです


来年のカレンダー『手稲山暦』も 販売します



玄米ごはん・カフェ じょじょ

11:00〜17:00

月曜定休


札幌市手稲区富丘5条4丁目18-6

tel.  011-684-1040

http://genmai-jojo.com


駐車場あり 3台

JR稲積公園駅より徒歩25分

JRバス「富丘」より 徒歩8分


お問い合わせは

kuzunonuno.com

の問い合わせページから どうぞ


※今回は案内ハガキなどを作っておりません

インターネットでのご案内のみ



[PR]
by watanabeshino | 2017-10-15 12:50 | お知らせ | Comments(0)
角帯地 ウペペワッカ
角帯地 
ウペペワッカ(upepe wakka/雪解け水)

幅  2寸7分(約10cm)
長さ 1丈6寸(約400cm)
重さ 

緯糸 葛 手績み糸 札幌産
経糸 絹 ビス糸

染め 蓬、藍、団栗
        生成り

ご注文頂いて織った品です
d0342152_13195236.jpg

巻いた前側はこんな感じ
d0342152_13195308.jpg

巻いた時の後ろ側 結び目の雰囲気はこんな感じ
d0342152_13195448.jpg

身体側は生成り
少しズレても柄が見えて面白いです
d0342152_13195542.jpg

d0342152_13195690.jpg

d0342152_13200788.jpg
これは手先
手先がヨレてくることが多いようなので、長年使った後に、もし、ハリが足りなくなったら、折り返して二重に仕立てて使っても良いかと思いました。オモテに出る色も少し変わって、気分も変わります
細身な方なので、それでも全長は充分と思います

d0342152_13200889.jpg

末長くお手元で
ご愛用いただけますように






[PR]
by watanabeshino | 2017-10-09 13:14 | 葛の帯 | Comments(0)



織/葛の糸と葛の布
by 雪草