<   2018年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
屋号でもなく作家名でもなく
ホームページ や Facebookページ で「北の葛布/札幌手稲」という文字を タイトルのように入れています
屋号のようですが 屋号ではありません
ただ、北海道で織られた葛布であるということ 手稲に工房があること その事実を表記しているだけ のつもりです
葛布の産地は静岡/遠州地方であり、札幌には元々はなかった布だけれども、札幌に自生する葛から布が織られているということを 文字に表し分かりやすくしたいと思っているのが その理由
屋号はありません
葛布の存在そのものが 屋号みたいなものかもしれません

「自然布に作家名なし」とは、私の葛布の師匠である大井川葛布の村井さんの言葉、私もとても共感します。織り手は最終段階の作業を以って物を完成させますが、そこに至るまで、今昔に関わらず、そして人と人でないとに関わらず、様々な力が働いている訳なので、織り手だけのものではない
ただ北海道の土地柄、便宜上、きっと多くの方にとって分かりやすいのと、「最終的には誰がどこでどのように作っているものなのか?」が分かるということが、ものを選ぶときの判断材料になると考えているのと、品物に関するご感想やご意見ご相談など お寄せ頂けるようにと 名前は明らかにしています
そのようなことから、織ったものを「作品」ということや、自分のことを「作家」と名乗るのはためらいがあり  でも、その方が分かりやすい場合はそう言うこともありますし、受け取る側の方がそう感じるのであれば 必要に応じて そう表記してくださることは全く構いません
また、屋号のようなものが必要な時には「北の葛布」と表記してくださることも、全く構いません

言葉や名前は とても大事と思いますので 私は大事に考えていて 自分の織る葛の布を「葛布」と呼ぶことも、自分なりに納得するまで 長い年月 かかりました
なんといいますか、草木の布は その土地あってのものだからです
でも、全国各地どこででも例えば葛布を織る人がうんと増えれば、そんな事を考えずとも何のためらいもなく「陶芸家」「木工家」のように「葛布作家」と言えるのかもしれませんし、そうなる事が、葛布の存続発展には必要な事なのかもしれません

今後考えが変わることもあるかもしれませんが、今は このように考えています



[PR]
by watanabeshino | 2018-01-15 16:25 | 制作に関して/雑感 | Comments(2)
本日仕事始め
2018.01.03
本日仕事始め

小屋のような自宅内には外壁以外の壁がないので、仕事と家事はいつも同時進行ではありますが
一応 意識の上では今日を仕事始めとしました

今年の課題は
・作業内容を見直し、効率良く制作できるようにすること
・やることを厳選し、一つのことに集中すること

なんといいますか、命の限りを意識しています
私の生きている間、それがあと5年か、10年か、20年か、50年か、分かりませんが
なるべく長生きできるように 体を大事にしますが
いづれにしても、どうしたって私は必ず死ぬのですから、それまでに、できる事は限られる
とすると、絶対に外せないものに 意識を集中する必要があり、それ以外の事に使っている時間は無いということに気付きました
やるべきこと、歩くラインが一本 とてもシンプルです
同時に、これまでいかに あれもこれもと、道から逸れた事に時間を割き 意識が分散してしまっていたか
我ながらチトがっかりとしました
まぁ、それも必要な過程だったのか

「葛の帯」を仕事としていく
結果、「葛布」や「着物」「手織り」そのもの、またはそれを取り巻く人や諸々に貢献できる
そうしたことを 目指したいと思います


初詣は、手稲山山頂にある手稲神社奥宮に行きたかったですが あいにくのお天気でしたので
裏山山頂へ

d0342152_19282987.jpg

手稲神社奥宮はまた 天気の良い日の楽しみに
今年も幸多き年になりますように
どうぞよろしくお願いいたします







[PR]
by watanabeshino | 2018-01-03 18:00 | 制作に関して/雑感 | Comments(0)



織/葛の糸と葛の布
by 雪草