屋号でもなく作家名でもなく
ホームページ や Facebookページ で「北の葛布/札幌手稲」という文字を タイトルのように入れています
屋号のようですが 屋号ではありません
ただ、北海道で織られた葛布であるということ 手稲に工房があること その事実を表記しているだけ のつもりです
葛布の産地は静岡/遠州地方であり、札幌には元々はなかった布だけれども、札幌に自生する葛から布が織られているということを 文字に表し分かりやすくしたいと思っているのが その理由
屋号はありません
葛布の存在そのものが 屋号みたいなものかもしれません

「自然布に作家名なし」とは、私の葛布の師匠である大井川葛布の村井さんの言葉、私もとても共感します。織り手は最終段階の作業を以って物を完成させますが、そこに至るまで、今昔に関わらず、そして人と人でないとに関わらず、様々な力が働いている訳なので、織り手だけのものではない
ただ北海道の土地柄、便宜上、きっと多くの方にとって分かりやすいのと、「最終的には誰がどこでどのように作っているものなのか?」が分かるということが、ものを選ぶときの判断材料になると考えているのと、品物に関するご感想やご意見ご相談など お寄せ頂けるようにと 名前は明らかにしています
そのようなことから、織ったものを「作品」ということや、自分のことを「作家」と名乗るのはためらいがあり  でも、その方が分かりやすい場合はそう言うこともありますし、受け取る側の方がそう感じるのであれば 必要に応じて そう表記してくださることは全く構いません
また、屋号のようなものが必要な時には「北の葛布」と表記してくださることも、全く構いません

言葉や名前は とても大事と思いますので 私は大事に考えていて 自分の織る葛の布を「葛布」と呼ぶことも、自分なりに納得するまで 長い年月 かかりました
なんといいますか、草木の布は その土地あってのものだからです
でも、全国各地どこででも例えば葛布を織る人がうんと増えれば、そんな事を考えずとも何のためらいもなく「陶芸家」「木工家」のように「葛布作家」と言えるのかもしれませんし、そうなる事が、葛布の存続発展には必要な事なのかもしれません

今後考えが変わることもあるかもしれませんが、今は このように考えています



[PR]
by watanabeshino | 2018-01-15 16:25 | 制作に関して/雑感
<< ホームページを作り直しています 本日仕事始め >>



織/葛の糸と葛の布
by 雪草