八寸帯地 カルシ
カルシ(karus/きのこ)
経絣葛布八寸帯地

幅  8寸4分(約31.8cm)
長さ 1丈4尺2寸(約538cm)
重さ 199g

緯糸 葛(札幌・手績み糸)
経糸 絹(群馬・座繰り玉糸)

染め 蕗の薹、団栗、赤麻
   生成り

d0342152_10254288.jpg
経糸の玉糸の不均一さと 緯糸の葛の不均一さが ほどよく馴染み 見るほどに見飽きない布になっています
d0342152_10254307.jpg

経の絣は、前帯柄とお太鼓で切り替わります


d0342152_10254437.jpg


d0342152_10254561.jpg
お太鼓の引き返し部分は
表側は生成り、裏側は団栗で染めた葛の糸を使い
見えそうで見えない お太鼓の裏側の色が表側と違う
手先も左右で違う色になるようにしています

光あれば影あり 明暗 寒暖 温冷 喜悲 生死 全てのものは表裏一体
だからなのか、どうしてもそうしたくなるので そうしています
八寸帯地だけでなく、半幅帯地、角帯地、全て、特別な事情のない限り同様
最初と最後、右端と左端 で 色が違います

ですので、八寸帯地のお太鼓部分は、着物や気分に合わせてリバーシブルで ご使用いただけるように、長めに織っています



いつものうずまき
d0342152_10254641.jpg

この帯に関するお問い合わせはこちらからどうぞ
http://kuzunonuno.com/kuzunonuno/contact.html


*使用している素材についての詳細はこちらから
北の葛布 
    http://kuzunonuno.com
蚕絲館さん(座繰り 玉糸) 
 https://www.sanshikan.jp










[PR]
by watanabeshino | 2017-12-04 10:24 | 葛の帯 | Comments(0)
<< 師走のご挨拶 価値の転換 >>



織/葛の糸と葛の布
by 雪草
リンク
最新の記事
ホームページ新しくなりました
at 2018-02-12 08:25
布の端切れ糸端などの再利用
at 2018-02-04 09:40
ホームページを作り直しています
at 2018-02-02 17:06
屋号でもなく作家名でもなく
at 2018-01-15 16:25
本日仕事始め
at 2018-01-03 18:00
カテゴリ
葛の帯
小さな葛布
お知らせ
葛苧
草木染め
制作に関して/雑感
営業時間についてのお知らせ
講座についてのお知らせ
リサイクル手織り
タグ
(39)
(32)
(21)
(12)
(9)
(8)
(6)
(5)
(4)
(4)
画像一覧
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
検索
ブログパーツ