葛はじめ
昨日6月17日
葛 今シーズン初採取
54本

毎年 札幌祭りの初日から採り始めようと決めているのですが 今年はまだ蔓が伸びておらず、14日には採取できず、この日になりました。

手稲に工房を構えた年から採り始めた場所ですが、年々良い蔓が採りにくくなっています。北海道にも葛は生えているといえど、その量は本州の比ではありません。私が毎年よく伸びたものを軒並み採ってしまうから、充分に体力をつけることが出来ずにヒョロヒョロとした蔓しかつけられなくなってしまうのでしょうか。 葛は生命力が強いからと、無頓着に過ぎたのかもしれないと この数年を省みました。葛の伸び方や蔓のつけ方を、気をつけてもっとよく観察せねばなりません。

ススキで作った室の中の葛の蔓
d0342152_22383504.jpg


ススキもまだ あまり伸びていないので背丈が小さい分、量が必要、頑張ってあちこちと行き、集めました。葛もススキも 良い状態になるにはあときっと1ヶ月くらいかかりますが、すると北海道の短い夏は終わりに近づきます。夏が終わると葛も終わる。気の抜けない2ヶ月です。

アイヌ民族が繊維として利用してきたエゾイラクサは初冬に、ツルウメモドキは厳冬期に採取するのだそうです。葛とは季節が真逆、それに煮たり発酵させたりせず 雪の力を使います。何とも北海道らしい。

葛布はやはり本州のもの、北海道で採取するには色々の事の ちょっとの無理が必要です。なんとか 少しでも自分の体と植物とそれを取り巻く環境への負担少なく良い蔓が取れるようにするべく、採取場所に広がりを持たせたり、作業の工程を工夫したり、知恵を絞りながらの 毎年です。

d0342152_22383522.jpg


今年も良い繊維が取れますように



[PR]
by watanabeshino | 2017-06-18 22:10 | 葛苧 | Comments(0)
<< 八寸帯地 ウペペワッカ 角帯地 キナ(kina/草) >>



織/葛の糸と葛の布
by 雪草