タグ:工程 ( 12 ) タグの人気記事
葛の小さな栞
木枠の機で葛の小さな栞を一日一本を目標に織っています。仕上げまで含めて2時間かかってしまうのでもう少しスピードを上げたいところですが、やっているうちに色々試したくなって、余計な事をするのでますます時間がかかります。

d0342152_12203857.jpg


しかしこの栞、大変具合が良いです。
帯を織るための試し織りになるばかりでなく、帯を織った時に出る、どうしようもない半端な糸と、葛の糸を作る時に出る、糸にできない葛の繊維を、ほぼ全て使い切る事が出来るのです。要するに、織物をしている過程で捨てる部分をほとんど出さずに、ほぼ全てを活用出来るのです。

例えばこんな半端な糸や繊維。
d0342152_12203880.jpg


d0342152_12203990.jpg


「残り物には福がある」という言葉がありますが、どうもその元々の意味は、「半端に残ったものの活用を知恵を出して考えた結果、思いもよらぬ良いものが出来る」というような事だったのではないかと、近頃思います。思えば、今や逆に高価にすらなっている、絹糸のキビソ糸やビス糸、紬や刺し子なども廃品利用の知恵の結果です。パッチワークやポジャギもきっとそうですね。

とにかく、ものを作る過程で、なるべく捨てるものは出したくないと思っています。勿体無い、地球環境への配慮、といったことより以前に、それが出来るまでの過程や、自分か他人かを問わずその労力を思うと、使えないからと簡単には捨てられないのです。

使っている木枠の織り機です。
d0342152_12203949.jpg



[PR]
by watanabeshino | 2015-10-27 11:51 | 制作に関して/雑感 | Comments(0)
7月末から仕込んでいた藍
藍を建て直すことにしました。
藍が建たないと言った私を(いや藍を)心配して下さった方からアドバイスをいただき、まずは一週間、すくもを沈殿させるため、何もせず寝かせておきました。

そして一週間目の昨日、様子を見るのに開けると、匂いが、変わっている。今思うと、一週間蓋を開けていなかったのだからそりゃ匂いだって変わるだろうと思うのですが、なにを血迷ったか、これはもしや建った藍の香りじゃないかという考えが頭をよぎり、せっかく一週間寝かせたのに、かき混ぜてしまいました。
今日もやはり建つ気配はなく、また始めからやり直しです。

今や薬品を使って簡単に藍染は出来るので、何も考えなければ手軽なそれでいいのかもしれない。しかし、葛を発酵させて糸を取り布を織っているというのに、染めは薬品を使うというのは、全くもって自分の中で整合性が取れないし、弟子入りした訳でも長い間師匠についた訳でもない私にとって、自分を律する事の出来る存在は対象そのもの、葛であり藍であり、織り上がった布であり、それを使って評価してくださる方々であるわけなのです。そこで、まぁいいや、でやってしまうと、全てがおそろかになってしまう怖さがあります。

まだまだ何を成し遂げた訳でもありませんので偉そうな事は言えませんが、原点となる心意気というのはとても大事だと思っています。生半可な事をしてはいけないと、葛や藍に、正されている感じがします。



写真は庭の藍。またきっと種つける前に雪降ってしまうだろうな。

d0342152_12552251.jpg

[PR]
by watanabeshino | 2015-09-03 18:18 | 制作に関して/雑感 | Comments(0)



織/葛の糸と葛の布
by 雪草