タグ:工程 ( 12 ) タグの人気記事
糸の強度の確かめ
葛の繊維から布になるまで、特にその強度のチェックを3度しています。誰に教わったということではなく、自然とそうなりました。

1度目は葛苧(くずお・繊維の状態)を裂く時
2度目は績む(裂いた葛苧の端と端を結ぶ)時
3度目は織る時

写真は糸を績んでいるところ。左側が裂いた葛苧で右の茶櫃に入っているのが長い糸になった葛の繊維です。

d0342152_14423777.jpg

葛の糸は地に生えていた時の状態によって質が均一ではなく、強い弱い、硬い柔らかい、いろいろです。私はあえてそれらを分けることはしていませんが、布にした時に後々弊害が出そうなくらいに不都合なものはやはり避けています。また、おそらく葉の根元にあたる部分などだと思いますが極端に部分的に切れやすくなっているところもあり、そういう場合は切って結び直しています。
そうしたチェック&補強を、繊維から布になる間に3度、しています。

葛の糸には撚りをかけていません。これは遠州地方に古くから伝わる方法です。葛の糸の特徴である光沢をより美しく出すために、実用面での強度を多少犠牲にしたのではないか、とは織元がおっしゃっていた言葉なのですが、葛の糸に撚りをかけるとそれは絹糸と見紛う程に綺麗ですし糸もとても強くなりますが、葛の糸の面白さや特長が失われてしまう、と私も思います。ですので、不本意な破損のないように、糸の強度には少し神経質になります。


北海道における葛布の帯は、といったって今の所は私しか織っていないのですが、まだまだ作る人と使う人が共に育てていく段階だと感じています。もちろん、だからといって不確かなものを作っている、という訳ではありません。葛布の帯自体は古くからあったようですし、衣服として利用されてきた古い歴史もありますし、現在静岡の数件の織元でも葛布の帯は生産されています。しかし、それほど多くの人が使っているわけではありませんしそう多く売られているわけでもありません。ましてや、北海道産の葛の繊維のものは私の織ったもの数本以外はまだ世に出ていません。ですから、見たことがない、という人が大半で、ゆえに、耐久性や使い方、扱い方に不安を抱く方も多いと思いますし、使う人の使い方によっては色々の予想外の違いが出てくることもあり得ます。

葛布の帯をお使いの方、特に私の織った葛の帯をお使いの方とは、長く長く関係を保って、扱い方をお知らせしたり、いろいろの長所短所を伝えていただきながら、不具合があればその都度相談しながら改善しながら、共に歩んでいきたいと、今、葛の糸を作りながら、そんなイメージを抱いています。

私の織った葛の帯が手元にある方で、もしも気が向きましたら、ご一報いただき、使い心地やご感想などお聞かせいただけましたら幸いです。また、何かの不具合がありましたら、ご相談に応じたいと思います。











[PR]
by watanabeshino | 2017-01-25 14:41 | 制作に関して/雑感 | Comments(0)
北海道に暮らす青
今年の藍は色が出すぎて濃く染まりすぎて、贅沢にもホトホト困っていたのですが、ちょっとした加減を覚えたこともあり、建ててから4ヶ月が経とうとしている今、やっとこの色が出て来ました。

灰がかった、薄い
雪の影の、雪雲のある空の灰暗い、吹雪の向こうに潜む灰色の、雪国の青。

d0342152_08420388.jpg


私は、色も土地の影響を受けるものと考えています。その土地で取れた色、その土地に暮らす色は、その土地に暮らす人にとって、もっとも心地よい。

藍染の濃い青は確かに綺麗ですが、しかし、私には目に強すぎる。温暖湿潤な土地にはきっと似合う、でも、北海道の土地には、どうもあまり馴染まないのではないかと思います。

奇しくも、先日、北海道に自生していた青の染料になる「エゾタイセイ」も、こんなような薄い青に染まると聞いてやはりと思いました。
また、伊達の蒅を灰汁で建てると、鮮やかな青は出ず、こんなような青しか出なくて、それは、きっとその土地に生きる藍だからこその色なのではないかと思っています。

私は、北海道に暮らす青、北海道に暮らす色を、出していきたいと思っています。

[PR]
by watanabeshino | 2016-11-18 08:30 | 制作に関して/雑感 | Comments(4)
使った糸リスト
使った糸のリストをそれぞれにお付けしています。

d0342152_17044434.jpg


そこに、先日自分で彫った葛の文字の印を押してみました。
私の所で織ったという良い証明にもなり、良い雰囲気になりました。

[PR]
by watanabeshino | 2016-09-22 17:00 | 制作に関して/雑感 | Comments(0)
葛苧洗い4回目
今日は草の繊維、葛苧取りに興味のあるというお二人が来てくださり、一緒に作業しました。

良い繊維が取れました。

d0342152_16383613.jpg


[PR]
by watanabeshino | 2016-06-30 16:34 | 葛苧 | Comments(0)
本日葛はじめ
いつもより一週間くらい遅いのですが、北海道神宮祭が今日から始まり、何だか幸先が良い感じなので、毎年お祭りを目安にしようかと思った本日、葛、48本採取。

昨年は良い蔓が取れていた場所ですが今年はまだ細くて硬くて巻きついているものばかり。私が昨年沢山刈ったのが影響しているのかもしれません。何年やっても葛と「あ、うん」の呼吸とはなりません。

d0342152_16103477.jpg



d0342152_16103486.jpg



今日は午前中曇り予報。午後から雨というので空もどんより、風強い。

d0342152_16064021.jpg


木に絡みついていた葛の、幹のようになった蔓。年輪、初めて見ました。葛は蔓植物ですが「半低木」に分類されるので、草というよりは木の仲間なのかな。

d0342152_16064077.jpg


良い繊維になりますように。
[PR]
by watanabeshino | 2016-06-14 15:52 | 葛苧 | Comments(0)
蓬(ヨモギ)、藤
5月下旬に絹糸を染めました。

蓬(ヨモギ)
鉄媒染
d0342152_12294753.jpg


色の違いは温度の違いです。
いつも出る緑味が少ないのは、今年の蓬の特徴かもしれませんし、時期の違いかもしれません。少し大きく育ったものを使いました。



自宅に植えてある藤、種から育てているのですが地植えにして今年3年目、まだ花をつけません。でも伸び放題だったのでバッサリ切り落とし、そのまま捨てるのももったいないので染料としてみました。そしてビックリ。

d0342152_12294786.jpg


なんと鮮やかな。
媒染は銅と鉄。

藤は緑に染まると聞いてはいましたが、こんなに鮮やかとは思いもしませんでした。
自宅で染料が取れるというのは頼もしいです。



葛が伸びてきていますが、まだ細く、また、室(ムロ)に必要なススキも全然伸びていないので、葛採りはもう少し先になりそうです。
ここのところ寒かったからか、今年はいつもより少し遅いです。

我が家の藤です。
d0342152_12323196.jpg




[PR]
by watanabeshino | 2016-06-07 12:14 | 植物染め | Comments(0)
葛の糸の斑、色の違い
 私の織る葛の布の途中には、色の違うところがあります。写真、分かるでしょうか。
d0342152_11310763.jpg

 ちょっと黒っぽく斑点または点のようになっている、または、少し色味の違う部分がある。これは葛の発酵の仕方と洗いの状態によってそうなってしまう場合もあるのですが、虫が葛の茎からエキスを吸った跡の場合もありますし、元々の葛の繊維の色の違いの場合もあります。目立つ部分は切り落とし使わないようにしていますが、ただ、見た目に悪いからといって簡単に切り捨てるのも痛ましく、機能的に劣りさえしなければ、出来るだけ使ってやりたいとも思います。例えば、帯なら、表に出ない部分に。または、木枠の機の小さな布に。
 ダメだから捨てる、ではなく、ダメにしない。
 しかしそれは蔓を選び繊維を取り出す段から始まっていて、そういう繊維になったのは私の責任でもあるのですが、それは次への課題とし、出来てしまったものはダメだからと簡単に捨てず最後まで使ってやりたいと思います。

 以前にも書いたことがありますが(「色について」)、素材も色も、あらかじめこちらの意図したものをどうにかして出そうと考えるのではなく、出来たもの、出たものを、活かしたいと考えています。限りあるものの中で最大の努力をする、それが素材にも自分にも無理がなく、結果、使う人にとってもきっと心地の良いものになるのではないかと思います。

 しかし、まぁ、こういう、意図的に意図しない、みたいなのが好きというだけのことかもしれません。

[PR]
by watanabeshino | 2016-03-08 11:02 | 制作に関して/雑感 | Comments(0)
生成りが生成りだけの時よりも
私は色々の色が好きですが、植物の糸や素材は生成りがやはり美しく、生成りの色合いとその色の醸し出す雰囲気は、どんな色も敵わないと思っています。

ですから、布を織る時、生成りが生成りだけの時よりも生き生きとなるように、と考えながら色を入れる、という事を心掛けています。
まぁ…まだ自己満足の域かもしれませんので、あまり偉そうな事も言えません。心掛けです。

帯の場合、体側、着物に直接あたる部分は前に来る所に少し色を置く以外はほぼ生成りにしています。それは着物への色移りの心配を極力無くすという点からなのですが、充分な余白=「間」ともなり、生成り独特の、自然な色の移ろいが美しくもあります。

全てが柄で埋まっているのも良いですが、私はどちらかというと「間」が充分にあるものの方が、ホッとするし、落ち着きます。

d0342152_17184510.jpg



[PR]
by watanabeshino | 2016-01-20 14:25 | 制作に関して/雑感 | Comments(0)
直す
葛の緯糸が切れているのを見つけました。糸を作る段階、織る段階、の二段階で、強度を確かめ切れない事を確認し、弱いものは使わなかったり弱い部分は糸を作り直したりしながら織っていくのですが、それでも、筬を打ち込んだ衝撃で切れてしまうことがたまにあります。大抵はその都度気付きますが、今回はかなり進んでしまいました。

さて、ここまで戻り織り直すという選択肢もあろうかと思いますが、大分進んでしまったこともあり、戻りませんでした。戻って織るのと、針と葛の糸で補修するのと、出来栄えも強度も変わらないので、そうしました。
d0342152_22560487.jpg


葛の糸自体、均一ではないので、こうした、いわば「傷」とも言えるものを包み込んでくれる大らかさがあります。甘えてはいけないのかもしれない。でも、そうしたことを許さない雰囲気よりも、ちょっとしたミスは包み込んでくれる大らかさが滲み出ているものの方が、見る人も使う人も、何かホッとするのではないかと思うのは奢りでしょうか。見た目の均一さに闇雲にこだわるのではなく、その素材の良さが充分に出ているかどうか、実用としてはどうか、という部分に誠実に、こだわりを持ちたいと思う。

ちょっとのミスで人命が危険に晒されるというなら話は別ですが、そこまでシビアじゃない事を幸いに、そんな事を考えます。

d0342152_22560534.jpg


大変歴史のある布、現代まで残っているのにはやはり理由があります。ひとたび布になればもちろんそう簡単に切れるものではないということもその一つだと思います。しかし、もしかすると、湿度や温度などの関係で、使っているうちに切れたり、5年、10年といった経年使用により磨耗したり、するかもしれません。ご自分で補修しながら使って頂くのも味となり面白いと思いますが、なにぶん草の繊維の糸で、一つ一つ状態が違いますし、使う方の使い方も千差万別。どんな状態でそうなったのかを私としても知って行きたいですし、それを今後の制作に活かしていきたいので、私の織った葛布を手にされた方で、何か不都合があったときにはぜひともご一報頂きたいと思います。可能であれば、補修します。

帯のみならず、小さな葛布のシリーズでも、気兼ねなくご連絡ください。





[PR]
by watanabeshino | 2015-12-20 22:36 | お知らせ | Comments(0)
どのくらいの時間がかかるのか
糸を木枠に巻き取っています。
約2540メートル、全部巻き取り終えるのに30分かかるので、たったのこれだけの作業ですが始める前には若干の気合と作業に集中できる環境が必要です。

d0342152_14094825.jpg


良く帯一本織るのにどのくらいの時間かかるのですかと聞かれるのですが、いつも答えに窮します。とりあえず、単純に織る作業だけならだいたい20日間です、と答えますが、葛の糸を取り、糸を作り、経糸を用意し、染め、機に準備する、それらを入れると私も帯一本あたりに一体どのくらいかかっているのか、分かりません。

一つのものが出来るのにどのくらいの時間がかかるのか?

それは私も色々なものに対して当たり前に抱く、普通の疑問なのですが、しかし、正確に答え伝えようと思うと、とても難しいです。

糸〜国産生糸
染め〜伊達すくも藍 灰汁発酵建て
[PR]
by watanabeshino | 2015-12-06 14:08 | 制作に関して/雑感 | Comments(0)



織/葛の糸と葛の布
by 雪草