師走のご挨拶
師走
事務仕事など、一年のまとめに入っています
今年は、5月に行った個展をきっかけに、その後、多くの方とのご縁、応援があり、より多くの方に 北海道での葛布を 知っていただくことが出来たのではないかと、今日は帳簿をつけていて、そんな事を考えています

本当は、ご縁のあった方全員に、直接お礼と感謝の気持ちをお伝えしたいところです
しかし、なかなかにそれは叶いません 
ですので、この場をお借りしまして、厚く厚く御礼申し上げ、感謝の気持ちをお伝えします

区切りとは良いものです
皆様におかれましても、良い一年の締めくくり、良い12月となりますように、お祈り申し上げます








[PR]
# by watanabeshino | 2017-12-09 17:26 | お知らせ | Comments(0)
八寸帯地 カルシ
カルシ(karus/きのこ)
経絣葛布八寸帯地

幅  8寸4分(約31.8cm)
長さ 1丈4尺2寸(約538cm)
重さ 199g

緯糸 葛(札幌・手績み糸)
経糸 絹(群馬・座繰り玉糸)

染め 蕗の薹、団栗、赤麻
   生成り

d0342152_10254288.jpg
経糸の玉糸の不均一さと 緯糸の葛の不均一さが ほどよく馴染み 見るほどに見飽きない布になっています
d0342152_10254307.jpg

経の絣は、前帯柄とお太鼓で切り替わります


d0342152_10254437.jpg


d0342152_10254561.jpg
お太鼓の引き返し部分は
表側は生成り、裏側は団栗で染めた葛の糸を使い
見えそうで見えない お太鼓の裏側の色が表側と違う
手先も左右で違う色になるようにしています

光あれば影あり 明暗 寒暖 温冷 喜悲 生死 全てのものは表裏一体
だからなのか、どうしてもそうしたくなるので そうしています
八寸帯地だけでなく、半幅帯地、角帯地、全て、特別な事情のない限り同様
最初と最後、右端と左端 で 色が違います

ですので、八寸帯地のお太鼓部分は、着物や気分に合わせてリバーシブルで ご使用いただけるように、長めに織っています



いつものうずまき
d0342152_10254641.jpg

この帯に関するお問い合わせはこちらからどうぞ
http://kuzunonuno.com/kuzunonuno/contact.html


*使用している素材についての詳細はこちらから
北の葛布 
    http://kuzunonuno.com
蚕絲館さん(座繰り 玉糸) 
 https://www.sanshikan.jp










[PR]
# by watanabeshino | 2017-12-04 10:24 | 葛の帯 | Comments(0)
価値の転換
単なる高級品 嗜好品 贅沢品 ではなく
社会が持続可能な方向に向かっていることや
アレルギー や 過敏症 などの解決への糸口
といった切り口が
手織りのものや自然の布、そしてそうした布を無駄なく永く使える仕組みを持っている和服にも あると思う
近い将来 ガラリと
そうした価値の転換が起こる気もする

手織りだから良いとか 自然のものだから良いとか そういう 自動的で直結的で偏った思考ゆえのことではなく
草木染めだって 何かの金属を使っていれば 金属アレルギーのある人には向かないかもしれない訳だし

どういったものを使って誰がどこでどう作っているかが明確であることが大切で
それを踏まえて 判断するのは 買う側使う側

これまでも そういうことは考えていたが
その事を裏付けるかのように 実際に そういう問い合わせを頂くようになりました

とても切実な話
自分に害のないものは 今はとても少ないのに でも そうしたものを選ばないと 生きるのが大変なのだから



[PR]
# by watanabeshino | 2017-11-30 09:34 | 制作に関して/雑感 | Comments(0)
講座についてお知らせ
当工房にてこれまで行っておりました『木枠と葛の手織り布講座』
今年12月をもちまして、終了いたします

代わりまして、同様の内容で出張講座を検討しております
料金などは追ってこちらのブログにて お知らせいたします

なお、北の葛布のサイト内「講座」のページはすでに撤去しております
ご面倒おかけいたしますが どうぞよろしくお願いいたします

[PR]
# by watanabeshino | 2017-11-29 13:43 | 講座についてのお知らせ | Comments(0)
d0342152_14481637.jpg
栞 小   1800

織り部分  3.5cm ×  7cm
緯糸  葛
経糸  絹
染め  藍 玉葱  茜

工房は 毎週土曜日 営業
詳細、お問い合わせはこちらからhttp://kuzunonuno.com/kuzunonuno/contact.html






[PR]
# by watanabeshino | 2017-11-25 14:48 | 小さな葛布 | Comments(0)



織/葛の糸と葛の布
by 雪草