キナ(草/kina)
経糸には通常より太い糸を使っていますが密度を減らしているので大変柔らかい仕上がりになっています。試験的に織ってみたものです。

キナ(草/kina)
角帯地

寸法:20cm × 426cm
緯糸:葛
経糸:絹生糸
染:蓬、ふきのとう、玉葱皮
 
d0342152_12550627.jpg


倍の幅で織っています。柄の出方や幅の好みに応じて、お好きな所で折って使ってもらえるようにしています。
d0342152_12550688.jpg


[PR]
# by watanabeshino | 2015-04-15 14:18 | 葛の帯 | Comments(0)
八寸帯地
八寸帯地

シルペケレ(sirpeker/夜明け)
31.5cm × 486cm

緯 葛
経 絹生糸、ビス糸

染 蓬、ふきのとう、茜、藍、茶
  生成

夜明け、太陽と空の色、朝の太陽の光に照らされる樹々の緑や土、空気の色
d0342152_12550431.jpg


お太鼓
d0342152_12550467.jpg


お太鼓の裏は藍、光の裏の影は青
d0342152_12550508.jpg


手先の色も右と左で出る色が違うように織りました。



この帯は良いご縁をいただきました。
ありがとうございました。
持ち主様のきものの暮らしを末長く彩りますように。
何かありましたらお気軽にご相談ください。
[PR]
# by watanabeshino | 2015-04-10 11:06 | 葛の帯 | Comments(0)
色について
色が好きです。植物による染めをやっているのもきっとその色味が好きだからだと思います。しかしその根底にあるのは、「出た色を活かす」であって、「出したい色を出す」ではないということを、常々考えています。いえ、その前に、その色味が好きだからと植物による染めにこだわっている点では「出したい色を出す」でもあるのかもしれません。しかしそもそも植物相手に自分の出したい色を出そうと思うのが随分とおこがましいというか、それはそもそも無理だろう、植物や糸に対しても随分と無理がかかってしまうだろう、と思うのです。植物から色を取り出す、その過程に妥協せずに出た色ならば、私はそれこそが素晴らしいと思うのです。そうして、そのような過程を踏んで出た色を、最大限に活かす。そのための努力を怠らない。

 ところで、私は、「出したい色にこだわって出す」ことと「出た色を生かすことにこだわる」ことの優劣とか正誤などを問うている訳ではありません。自分が何を根拠に何を選択して何をやっているか、自分で分かっているかどうかということです。「自分の納得に妥協しないでものづくりをする」という点にこだわることさえ放棄しないならば、全て結局は同じことだと思います。

「キナ(kina/草)」 角帯地
緯:葛  経:絹生糸
染:ふきのとう、蓬、玉葱皮

d0342152_12550305.jpg

[PR]
# by watanabeshino | 2015-04-03 10:28 | 制作に関して/雑感 | Comments(0)



織/葛の糸と葛の布
by 雪草
リンク
ホームページ
北の葛布/札幌手稲HP
*葛布、染料、自己紹介など

facebook
渡邊志乃facebook
*葛布の帯の日々の制作の様子や心構え、雑感、山、スキー、お知らせ

facebookページ
北の葛布/札幌手稲facebook
*ブログ更新のお知らせ、季節の仕事、講座・研修等の近況、お知らせ

instagram
雪草instagram

*葛布の帯とイメージの源の写真集

ツイッター
渡邊志乃(雪草)twitter
*日々の一言、お知らせ
最新の記事
営業時間についてお知らせ
at 2017-11-18 14:11
木枠の機の 葛クズの 小さな葛布
at 2017-11-18 12:50
木枠の機の 小さな葛の布展/..
at 2017-10-15 12:50
角帯地 ウペペワッカ
at 2017-10-09 13:14
卓布
at 2017-09-03 12:47
カテゴリ
葛の帯
小さな葛布
お知らせ
葛苧
草木染め
制作に関して/雑感
タグ
(34)
(26)
(19)
(12)
(8)
(8)
(6)
(4)
(4)
(3)
画像一覧
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
more...
検索
ブログパーツ