<   2016年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
葛苧洗い4回目
今日は草の繊維、葛苧取りに興味のあるというお二人が来てくださり、一緒に作業しました。

良い繊維が取れました。

d0342152_16383613.jpg


[PR]
by watanabeshino | 2016-06-30 16:34 | 葛苧 | Comments(0)
雨でも作業
先日室入れした葛が昨日ベストタイミングでこれ以上入れておく訳にはいかなくなり、雨ですが出して川へ行きました。

毎年これが結構怖くて、人にこの作業をあまり勧められない理由のひとつでもあります。川は雨で増水すると危険だからです。それに、この時期の札幌は川で作業するにはまだ寒く、水も冷たいので手もかじかみます。これまでは若さと怖いもの知らずで乗り切ってきましたが、これからはそうも言っていられなくなりました。

そこで、なるべく体に負担なく、危険も最小限にでき、かつ、ある程度まとまった量でも作業できるかもしれない、これまでとは違う方法を試してみました。思えば草木の繊維は同じ素材でも地域によってその採取方法は違います。

北海道の気候、自然環境の中で負担のない方法を取っていく、それが出来たら、葛の繊維取りを複数の人と一緒にやっていく事も、あるいは可能になるかもしれません。

しかしこの方法、実は私が葛に取り組み始めた最初の頃にやっていた方法です。その時は汚れは落ちないし絡まって大変だったのでやらなくなってしまったのですが、今はそれなりに出来る。年月を経た証かな、ほんのちょっとしたコツなのだろうと思うのですが。

写真は昨日の様子です。今日は晴れたので仕上げ洗いです。

d0342152_07380099.jpg


d0342152_07380000.jpg


[PR]
by watanabeshino | 2016-06-21 07:34 | 葛苧 | Comments(0)
7月は教室お休みします
6月中旬〜8月上旬が札幌の葛の採取時期なのですが、そのうちいろいろの条件が揃い特に良い繊維が取れるのが6月下旬〜7月中旬です。採取は天候や葛の生え具合によって左右されるのでその間諸々の予定を組むのが大変難しいので、毎年、よっぽどのことがない限りは前もって予定を入れません。教室開講日をどうしようかというのは以前からの懸案事項でしたが、今年から思い切って7月中はお休みすることにしました。
こちらの都合で急に決めたことですので、既に予約の入っている開講日はそのまま開講します。また、今まで出していたスケジュールで予定を組まれている方は、どうぞ遠慮なくご連絡ください。できるだけ予定を合わせたいと思います。
来年以降は、7月中は完全に教室はお休みにしたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。


[PR]
by watanabeshino | 2016-06-17 07:27 | お知らせ | Comments(0)
本日葛はじめ
いつもより一週間くらい遅いのですが、北海道神宮祭が今日から始まり、何だか幸先が良い感じなので、毎年お祭りを目安にしようかと思った本日、葛、48本採取。

昨年は良い蔓が取れていた場所ですが今年はまだ細くて硬くて巻きついているものばかり。私が昨年沢山刈ったのが影響しているのかもしれません。何年やっても葛と「あ、うん」の呼吸とはなりません。

d0342152_16103477.jpg



d0342152_16103486.jpg



今日は午前中曇り予報。午後から雨というので空もどんより、風強い。

d0342152_16064021.jpg


木に絡みついていた葛の、幹のようになった蔓。年輪、初めて見ました。葛は蔓植物ですが「半低木」に分類されるので、草というよりは木の仲間なのかな。

d0342152_16064077.jpg


良い繊維になりますように。
[PR]
by watanabeshino | 2016-06-14 15:52 | 葛苧 | Comments(0)
着物のしきたり、決まりごと
着物を沢山頂きました。
といってもそれは随分前で、最近になってやっと開けたのですが。

そうして、自分で誂えたものはほんの数枚しかない私が、色々の着物を「選べる」ようになって、とかく敬遠されがちな着物のしきたりや決まり事は、逆手に取ればとても楽しい営みでもある、という事に最近気づきました。

今の季節で、この天気で、この気温で、このシチュエーションで、相手の方のお立場はこうで、私のスタンスはこうで、さて、どうする?とくるわけで、それはまるで「なぞかけ」のようなのです。

この状況で、この着物、その心は…

という訳です。

なぞかけでも沢山の引き出しがあった方が良いのと同じように、着物のしきたりや決まりごとを分かっているとそれだけ自分の選択肢も増えるということ。それは「せねばならぬ」ではなく、もっとファジーで流動的な、着物に楽しみを付加するための共通意識というか、全体的なルールというか。順当に行く時もあれば、おーそう来たか!となる時もあり、いわば「物言わぬユーモア」「言葉にしない相手への敬意」発信側も受信側もお互いにそれぞれの知識の中で言葉を介さずやりとりする。随分と深みのあるコミュニケーションです。

着物沢山あったけど全部捨てちゃったわ、と耳にする事が多いですが、着物は個人の所有物というよりは皆の共有財産みたいな所があるので、もしも手放したい場合には、捨てようかと思う前に、いえ決して捨てずに、着物に所縁のある人に相談してみてくださいね。



さて、大きな柄の小紋で光ってるこの着物は一体どういう時に着ようかと思っています。なかなか出番がないような、いやそこはトンチを効かせて…

d0342152_08574880.jpg


[PR]
by watanabeshino | 2016-06-08 08:47 | 制作に関して/雑感 | Comments(0)
蓬(ヨモギ)、藤
5月下旬に絹糸を染めました。

蓬(ヨモギ)
鉄媒染
d0342152_12294753.jpg


色の違いは温度の違いです。
いつも出る緑味が少ないのは、今年の蓬の特徴かもしれませんし、時期の違いかもしれません。少し大きく育ったものを使いました。



自宅に植えてある藤、種から育てているのですが地植えにして今年3年目、まだ花をつけません。でも伸び放題だったのでバッサリ切り落とし、そのまま捨てるのももったいないので染料としてみました。そしてビックリ。

d0342152_12294786.jpg


なんと鮮やかな。
媒染は銅と鉄。

藤は緑に染まると聞いてはいましたが、こんなに鮮やかとは思いもしませんでした。
自宅で染料が取れるというのは頼もしいです。



葛が伸びてきていますが、まだ細く、また、室(ムロ)に必要なススキも全然伸びていないので、葛採りはもう少し先になりそうです。
ここのところ寒かったからか、今年はいつもより少し遅いです。

我が家の藤です。
d0342152_12323196.jpg




[PR]
by watanabeshino | 2016-06-07 12:14 | 草木染め | Comments(0)



織/葛の糸と葛の布
by 雪草
リンク
ホームページ
北の葛布/札幌手稲HP
*葛布、染料、自己紹介など

facebook
渡邊志乃facebook
*葛布の帯の日々の制作の様子や心構え、雑感、山、スキー、お知らせ

facebookページ
北の葛布/札幌手稲facebook
*ブログ更新のお知らせ、季節の仕事、講座・研修等の近況、お知らせ

instagram
雪草instagram

*葛布の帯とイメージの源の写真集

ツイッター
渡邊志乃(雪草)twitter
*日々の一言、お知らせ
最新の記事
営業時間についてお知らせ
at 2017-11-18 14:11
木枠の機の 葛クズの 小さな葛布
at 2017-11-18 12:50
木枠の機の 小さな葛の布展/..
at 2017-10-15 12:50
角帯地 ウペペワッカ
at 2017-10-09 13:14
卓布
at 2017-09-03 12:47
カテゴリ
葛の帯
小さな葛布
お知らせ
葛苧
草木染め
制作に関して/雑感
タグ
(34)
(26)
(19)
(12)
(8)
(8)
(6)
(4)
(4)
(3)
画像一覧
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
more...
検索
ブログパーツ