<   2015年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ご挨拶 2015
先日のじょじょ展で、随分昔から私のブログをご覧になってくたさっていたという方が何人かいらっしゃって、有り難いと同時に何とも感慨深いといいますか、聞けば、本当にうんと昔からご覧になっていたようで、何ともかんとも、言葉にならない感情がこみ上げてきます。

きっと、毎年1人でバカみたいに葛取りに行っていた、それを見てきてくださった方がいるのだなぁという、そんな想いだと思います。

ですので、ここをご覧になっているみなさまに、私は心からの感謝の気持ちをお伝えしたい。

2015年もあと僅か。
自分の足元と、行く先と、周りの景色と、一歩ずつ確かめながら、ただただ、一生懸命生きて、歩んでいきたいと思います。

今年一年、ありがとうございました。
来年もまたどうぞよろしくお願いいたします。

d0342152_10584353.jpg


[PR]
by watanabeshino | 2015-12-28 22:45 | お知らせ | Comments(0)
ウパシ(upas/雪)
ウパシ(upas/雪)
半幅帯地

 半幅帯は締める人や結び方によって柄の出方が違うので、なんとなく前帯部分やタレ部分を意識しながらぼかしながら青〜薄い青〜生成りと色を変えました。生成りをテの方にして締めると体に巻きつく内側部分は生成りになるようになっています。万が一の藍の色移りを考えてのことです。ですが、それほど濃く染めていないので色移りはほとんどないと思います。藍の色が落ち着けば、青い方をテの側に持ってきて締めても良いと思います。
d0342152_12271270.jpg


16.5cm × 408cm
80g

緯糸 葛
経糸 絹ビス糸 未精練
染め 藍(伊達すくも藍灰汁発酵建て)、団栗

d0342152_12025602.jpg
 帯の両端の色も違います
d0342152_12025692.jpg

[PR]
by watanabeshino | 2015-12-28 12:01 | 葛の帯 | Comments(0)
直す
葛の緯糸が切れているのを見つけました。糸を作る段階、織る段階、の二段階で、強度を確かめ切れない事を確認し、弱いものは使わなかったり弱い部分は糸を作り直したりしながら織っていくのですが、それでも、筬を打ち込んだ衝撃で切れてしまうことがたまにあります。大抵はその都度気付きますが、今回はかなり進んでしまいました。

さて、ここまで戻り織り直すという選択肢もあろうかと思いますが、大分進んでしまったこともあり、戻りませんでした。戻って織るのと、針と葛の糸で補修するのと、出来栄えも強度も変わらないので、そうしました。
d0342152_22560487.jpg


葛の糸自体、均一ではないので、こうした、いわば「傷」とも言えるものを包み込んでくれる大らかさがあります。甘えてはいけないのかもしれない。でも、そうしたことを許さない雰囲気よりも、ちょっとしたミスは包み込んでくれる大らかさが滲み出ているものの方が、見る人も使う人も、何かホッとするのではないかと思うのは奢りでしょうか。見た目の均一さに闇雲にこだわるのではなく、その素材の良さが充分に出ているかどうか、実用としてはどうか、という部分に誠実に、こだわりを持ちたいと思う。

ちょっとのミスで人命が危険に晒されるというなら話は別ですが、そこまでシビアじゃない事を幸いに、そんな事を考えます。

d0342152_22560534.jpg


大変歴史のある布、現代まで残っているのにはやはり理由があります。ひとたび布になればもちろんそう簡単に切れるものではないということもその一つだと思います。しかし、もしかすると、湿度や温度などの関係で、使っているうちに切れたり、5年、10年といった経年使用により磨耗したり、するかもしれません。ご自分で補修しながら使って頂くのも味となり面白いと思いますが、なにぶん草の繊維の糸で、一つ一つ状態が違いますし、使う方の使い方も千差万別。どんな状態でそうなったのかを私としても知って行きたいですし、それを今後の制作に活かしていきたいので、私の織った葛布を手にされた方で、何か不都合があったときにはぜひともご一報頂きたいと思います。可能であれば、補修します。

帯のみならず、小さな葛布のシリーズでも、気兼ねなくご連絡ください。





[PR]
by watanabeshino | 2015-12-20 22:36 | お知らせ | Comments(0)
シネプ、ツプ、レプ(shinep tub rep/1,2,3)
シネプ、ツプ、レプ(shinep tub rep/1,2,3)
半幅帯地

ひとり、ふたり、たまには3人、時に4人、そしてみんな
というタイトルをつけようと思いましたがあまりに長いので、アイヌ語で「1、2、3」としました。模様の線が、1本だったり2本だったり、交わっていたりいなかったり、途中で止まっていたり最後まで伸びていたり。
経糸には繭の一番蚕側にあった繊維=ビス(皮巣)糸を使っています。ゴワゴワとして張りのある糸なので、葛の張りと相まって、布も薄いながらも硬く締まっています。蚕が自分を守るために硬く張った糸、身につける人の事も守ってくれないかな。
北海道の葛の張りと軽さを生かすために、一枚で使う半幅帯としました。一見、頼りないように感じますが、使い慣れると大変使いやすいです。

16cm×400cm
81g

緯糸 葛
経糸 絹ビス糸
染め 藍、茜

d0342152_20020835.jpg

d0342152_20021160.jpg
色移りの無いように染めておりますが、万が一の藍の色移りを考え、体側にくる部分は生成り、タレ先になるに従い濃い色が出るようにしています。でも、数年経てば色も落ち着きます。いろいろな締め方で、柄の出方を楽しんでもらえたらと思います。

d0342152_20020578.jpg

この帯に関するお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ。
お待ちしております。

[PR]
by watanabeshino | 2015-12-17 20:08 | 葛の帯 | Comments(0)
どのくらいの時間がかかるのか
糸を木枠に巻き取っています。
約2540メートル、全部巻き取り終えるのに30分かかるので、たったのこれだけの作業ですが始める前には若干の気合と作業に集中できる環境が必要です。

d0342152_14094825.jpg


良く帯一本織るのにどのくらいの時間かかるのですかと聞かれるのですが、いつも答えに窮します。とりあえず、単純に織る作業だけならだいたい20日間です、と答えますが、葛の糸を取り、糸を作り、経糸を用意し、染め、機に準備する、それらを入れると私も帯一本あたりに一体どのくらいかかっているのか、分かりません。

一つのものが出来るのにどのくらいの時間がかかるのか?

それは私も色々なものに対して当たり前に抱く、普通の疑問なのですが、しかし、正確に答え伝えようと思うと、とても難しいです。

糸〜国産生糸
染め〜伊達すくも藍 灰汁発酵建て
[PR]
by watanabeshino | 2015-12-06 14:08 | 制作に関して/雑感 | Comments(0)



織/葛の糸と葛の布
by 雪草