<   2015年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ウパシ(upas/雪)
夏に雪のイメージの帯を締める。
その真逆な感じが良いと思います。

ウパシ(upas/雪)

寸法 31.5cm × 515cm
緯糸 葛
経糸 絹ビス糸

染め 藍、玉葱皮
   生成

d0342152_12551087.jpg

左側がお太鼓、右側がテ。真ん中あたりは前帯あたり。

d0342152_12551110.jpg

お太鼓の内側に藍と玉葱。
お好きな所で仕立ててもらえるように多少融通の利くように、と思いながら織っています。

d0342152_12551111.jpg




ところで試しにテとタレを反対にしてみました。そんなつもりでは織ってはいないのですが、

d0342152_12551265.jpg

なかなかどうしてこれが結構良い。こっちの方が良いかもしれない。お太鼓も前帯部分も面白く柄が出る。テは真っ青の中に白い筋。どちらでもお好きな方で、仕立てることができます。

織りの密度は粗くざっくりとした風合いです。


この帯に関するお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ。
お待ちしております。


145,000
[PR]
by watanabeshino | 2015-05-12 11:35 | 葛の帯 | Comments(0)
妥協しない小さな事の積み重ね
糸のボコボコも相まって白が雪のように見えます。街が真っ白になる前の、初冬のイメージ。特にテーマは考えてなかったけど、これもウパシ(upas/雪)と言える。

d0342152_12551077.jpg


 やっていてつくづく思うのは、私は織りながら絵を描いているのだな、ということです。経糸で彩った大きな画用紙に、下から少しずつ色を重ねて置いていっているのです。結果、失敗することもありますが、何度もやって、その感覚を洗練させればいいんだろうと、開き直っています。だってどんなに頑張っても出来ないから。あらかじめ決めた通りに織るということが。

 ひとつひとつ、妥協しないで取り組んだものであるならば、その積み重ねとしての全体は、そうおかしな事にはならない。 無理しないのが何よりです。
[PR]
by watanabeshino | 2015-05-08 10:27 | 制作に関して/雑感 | Comments(0)



織/葛の糸と葛の布
by 雪草