時が経っても色褪せず
 着るものも食べるものと同じくらい体に影響するんじゃないかと思っています。ある特定の場所で買った特定の服を着ていると決まって具合が悪くなるという経験を自分自身が重ねたうえに、各方面からの衣服に関するそうした声を聞くにつれ、そう思うようになりました。だからといって、盲目的に、自然素材だから手作りだから大丈夫、石油由来だから工業製品だからダメ、という話では全然ありません。多分何にしても良いものは良い。質の良いものはそこに内在しているダメなものをも上回る機能を持ち合わせているのでプラスマイナスでプラスがはるかに多いということであるかもしれないし、素材の持つ性質に対する用途の違いゆえかもしれない。それは自然素材も化学繊維も同じです。

 手元にある冬用のアウターウェアが今年で使用5年目くらいになりました。2年くらい洗っていなくてあまりに汚かったので先日専用の洗剤で洗い、撥水スプレーかけました。新品の頃よりはもちろん機能的には劣化してきていますが、愛着も含めていい味出ています。

d0342152_14011332.jpg

 「時が経っても色褪せず、むしろより輝きが増す」というのはかねてからの私のもの選びの基準、ものづくりの基準、なのですが、山用ウェアもその機能もさることながら年月を経ても良い味出す、さすがやはり良いものは良いのだなと、5年目にして思います。中にはウールや麻などの素材を組み合わせてあるものもありますが、ほとんどは化学繊維です。でももちろん着ていて具合が悪くなるということはありませんし、むしろ山ではこれでなければいけません。しかし、山へ行く時の服装なので、ただ単に気持ちがルンルンしていて具合の悪いのを寄せ付けないということもあるかもしれません。そういう意味でも、衣服の素材の性質と用途というのは重要な要素だと思います。

[PR]
by watanabeshino | 2016-03-11 14:07 | 制作に関して/雑感 | Comments(0)
<< 亜麻 葛の糸の斑、色の違い >>



織/葛の糸と葛の布
by 雪草