シネプ、ツプ、レプ(shinep tub rep/1,2,3)
シネプ、ツプ、レプ(shinep tub rep/1,2,3)
半幅帯地

ひとり、ふたり、たまには3人、時に4人、そしてみんな
というタイトルをつけようと思いましたがあまりに長いので、アイヌ語で「1、2、3」としました。模様の線が、1本だったり2本だったり、交わっていたりいなかったり、途中で止まっていたり最後まで伸びていたり。
経糸には繭の一番蚕側にあった繊維=ビス(皮巣)糸を使っています。ゴワゴワとして張りのある糸なので、葛の張りと相まって、布も薄いながらも硬く締まっています。蚕が自分を守るために硬く張った糸、身につける人の事も守ってくれないかな。
北海道の葛の張りと軽さを生かすために、一枚で使う半幅帯としました。一見、頼りないように感じますが、使い慣れると大変使いやすいです。

16cm×400cm
81g

緯糸 葛
経糸 絹ビス糸
染め 藍、茜

d0342152_20020835.jpg

d0342152_20021160.jpg
色移りの無いように染めておりますが、万が一の藍の色移りを考え、体側にくる部分は生成り、タレ先になるに従い濃い色が出るようにしています。でも、数年経てば色も落ち着きます。いろいろな締め方で、柄の出方を楽しんでもらえたらと思います。

d0342152_20020578.jpg

この帯に関するお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ。
お待ちしております。

[PR]
by watanabeshino | 2015-12-17 20:08 | 葛の帯 | Comments(0)
<< 直す どのくらいの時間がかかるのか >>



織/葛の糸と葛の布
by 雪草