7月末から仕込んでいた藍
藍を建て直すことにしました。
藍が建たないと言った私を(いや藍を)心配して下さった方からアドバイスをいただき、まずは一週間、すくもを沈殿させるため、何もせず寝かせておきました。

そして一週間目の昨日、様子を見るのに開けると、匂いが、変わっている。今思うと、一週間蓋を開けていなかったのだからそりゃ匂いだって変わるだろうと思うのですが、なにを血迷ったか、これはもしや建った藍の香りじゃないかという考えが頭をよぎり、せっかく一週間寝かせたのに、かき混ぜてしまいました。
今日もやはり建つ気配はなく、また始めからやり直しです。

今や薬品を使って簡単に藍染は出来るので、何も考えなければ手軽なそれでいいのかもしれない。しかし、葛を発酵させて糸を取り布を織っているというのに、染めは薬品を使うというのは、全くもって自分の中で整合性が取れないし、弟子入りした訳でも長い間師匠についた訳でもない私にとって、自分を律する事の出来る存在は対象そのもの、葛であり藍であり、織り上がった布であり、それを使って評価してくださる方々であるわけなのです。そこで、まぁいいや、でやってしまうと、全てがおそろかになってしまう怖さがあります。

まだまだ何を成し遂げた訳でもありませんので偉そうな事は言えませんが、原点となる心意気というのはとても大事だと思っています。生半可な事をしてはいけないと、葛や藍に、正されている感じがします。



写真は庭の藍。またきっと種つける前に雪降ってしまうだろうな。

d0342152_12552251.jpg

[PR]
by watanabeshino | 2015-09-03 18:18 | 制作に関して/雑感 | Comments(0)
<< 展示会/じょじょのお知らせ 川を想う >>



織/葛の糸と葛の布
by 雪草