今年の葛採りシーズン終了
本日葛採り23回目。
30本くらい。

 残念だけど、今年はこれで葛採り終了。まだ少し粘るつもりでしたが、葛、川、そして室を作るのに必要なススキ、それから天気、それらが一斉にもう終わりですと、まるで私に語りかけているように思える程に、終わりなのです。名残惜しいのですが、仕方がないと、諦めにも似た決心をしました。静岡の方ですと、まだ採れるそうですから、北海道の葛は、やはり秋支度が早いのかもしれません。
 色々理由はありますが、一番の理由は葛の蔓に根が生えてきたこと。花芽をつけても発酵がうまく行けば比較的大丈夫なのですが、根が生えたらもうダメなのです。繊維にたくさん穴が開いてしまうから。それから、繊維も硬く茶色くなってしまうから。

 毎年いつもこの時期に葛採りを終えていた。なんとなく気分的にそうしていただけかと思っていましたが、色々の状況を私なりに感じ取って、もうここまでだと、それなりに判断していたのだなぁと改めて思いました。

 でもやれるだけ頑張りました。

 写真は昨冬のテイネ。あんまり暑いので涼しい写真を。私はずっと「雪」をテーマに帯織っていますが、そのイメージはこんなようなところから来ています。

 あと2回の洗いを終えたら、帯の制作に入ります。あ、それから、昨秋採ったエゾイラクサの糸も作らなきゃ。

d0342152_12551945.jpg

[PR]
by watanabeshino | 2015-08-04 19:31 | 葛苧 | Comments(0)
<< 川を想う 葛苧の記 >>



織/葛の糸と葛の布
by 雪草